SN2で作る「鮭とブロッコリーのココナッツミルクスパイスカレー」

SN2で作る「鮭とブロッコリーのココナッツミルクスパイスカレー」

鮭の美味しさをココナッツミルクが引きたてるサーモンフィッシュカレー。

SPICE CURRY SPICE PACK[スパイスカレー スパイスパックのシンフォニーナンバー2(SN2)]で作る「鮭とブロッコリーのココナッツミルクスパイスカレー」です。

旬な鮭(サーモン)が市場に並ぶ秋。鮭を使ったスパイスカレーには、ココナッツミルクが好相性。そして、もう一つ相性が良い食材とされるのがブロッコリーですよね🥦 味の相性という以外にも、ビタミンCを多く含む食材と鮭を合わせることで、抗酸化作用が倍増するため健康にとってもの相性の良さも必見です。

今回、鮭の下拵えとしてレモン汁でマリネしています。レモンと言えば、ビタミンC🍋 夏の疲れを癒す、栄養たっぷりの一皿を、地球に感謝していただきましょう!


材料(4人前)

  • SN2/スタータースパイス(ホール状の袋):1袋
  • SN2/パウダースパイス(パウダー状の袋):1袋
  • 玉ねぎ:1個
  • ブロッコリー:1/2個
  • ニンニク:すりおろし10g (1〜2片程度)
  • 生姜:すりおろし10g 
  • 鮭(サーモン):200~300g程度(銀鮭)
  • レモン:1/2個
  • 砂糖:小さじ2
  • 塩:小さじ1
  • ナンプラー:大さじ1(醤油でも代用OK)
  • ココナッツミルク:200ml
  • 水:100ml
  • 油:大さじ3(お好みのオイルをご使用ください。本レシピでのオススメは「オリーブオイル」です)


下準備

  • 「ニンニク、生姜」の順番に擦りおろしておく
  • 「玉ねぎ」をカット(半分に切ったものをもう半分にカットし、スライス)
  • 「ブロッコリー」を食べやすい大きさに切り分ける。
  • 「鮭(サーモン)」の骨を取り除き、食べやすい大きさにぶつ切りにし、「レモン:1/2個」から絞り出した果汁と和えてマリネしておく。

作り方

  1. 鍋に「油:大さじ3」を入れて弱火にかけ、油が温まってきたら「スタータースパイス(ホール状の袋)」を投入する。

  2. 「マスタードシード(黒色の粒)」からパチパチと音が聞こえてきたら、擦りおろした「にんにく」「生姜」を加え、スパイスと混ぜわせるながら、30秒ほど炒める。

  3. 玉ねぎ」を入れ、混ぜ合わせた後、強火にし、飴色になるまで12分ほど加熱する。



     玉ねぎの加熱具合で仕上がりの味わいが大きく変化します。「水っぽくなった」「トマトの酸味が強いように感じる」「コクが物足りない」という仕上がりになってしまう最大の原因は「玉ねぎがアメ色になる前に、つぎの工程に進んでしまうことです。この「基本のチキンカレー」では12分~15分程度は必ず加熱し、アメ色玉ねぎになるまでしっかりと炒めてください。

    ポイントは

    • 中〜強火を維持すること
    • 玉ねぎを均等に鍋に敷き放置→混ぜ合わせる→均等に放置→混ぜ合わせるを繰り返すこと
    • 混ぜわせた際に、鍋底に焦げを感じたら【差し水】をこまめにすること(経験的には、毎回大さじ2程度の水を、平均5回ほど行っています)

    です。差し水をすることで、加熱で生まれる玉ねぎの旨味が全体に行き渡ると共に、焦付きを防止しながらアメ色玉ねぎに仕上げることができます。少々焦げて差し水をしてあげるくらいが逆にちょうど良く旨みを引き出せます。少し時間と手間がかかる工程になりますが、美味しく仕上げるための必須ポイントなので、しっかりと手間をかけてあげてください。



  4. 玉ねぎが飴色になったら、弱火にし「パウダースパイス」を全量加えて、パウダースパイス自体に火を通すイメージで炒め合わせる。

  5. 「ココナッツミルク:200ml」「水:100ml」「塩:小さじ1」「砂糖:小さじ2」「ナンプラー:大さじ1」を加え混ぜ合わせてから中火にし、ひと煮立ちさせる。



  6. ひと煮立ちした鍋に、マリネしておいた「鮭(サーモン)」をレモン汁ごと入れる。続いて、「ブロッコリー」も加える。




  7. 弱火にし、10分~15分ほど煮る。

  8. ブロッコリーに串を刺してスッと入るぐらい柔らかくなっていたら、火からおろし、塩加減を調整して完成。

パクチーや、黒胡椒などをお好みでトッピングしてお楽しみください♪

 

 

INSPICEのスパイスカレー スパイスセットには、一般的に辛味の主成分となる「唐辛子/カイエンペッパー/チリ」は含まれていないので、お好みで調整してお楽しみください。

 

SPICE CURRY SPICE PACKの詳細へ

 

 

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。