SN3で作る「じゃがいもゴロゴロキーマカレー」

SN3で作る「じゃがいもゴロゴロキーマカレー」



SPICE CURRY SPICE PACK(スパイスカレー スパイスパックのシンフォニーナンバー3(SN3)
で作る「じゃがいもゴロゴロキーマカレー」です。

「キーマカレー」はカレーの本場、インド発祥のカレーです。ヒンディ語やウルドゥー語で、キーマとは「細切り肉」や「ひき肉」という意味なので、キーマカレーとはひき肉を使ったカレーのことを指します。

このレシピでは、牛豚挽肉を使い「肉の旨味」とジャガイモの旨味&食感を組み合わせ、SN3のハーブ系ブレンドでまとめたシンプルながらも味わい深いキーマカレーです。

 バルサミコ酢を小さじ1加えるのが、美味しさを引き出すポイントです。用意ができない場合は、ウスターソースと酢を1:1で混ぜあわせて代用してください。

 


材料(4人前)

  • SN3/スタータースパイス(ホール状の袋):1袋
  • SN3/パウダースパイス(パウダー状の袋):1袋
  • トマトピューレ:1袋(150g程度)
  • 玉ねぎ:1個
  • ニンニク(すりおろし):小さじ2 (1〜2片)
  • 生姜(すりおろし):大さじ1
  • 牛豚挽き肉:300g
  • ジャガイモ:1個
  • 粉チーズ:50g
  • バルサミコ酢:小さじ1
  • 塩:小さじ2
  • 水:100ml
  • 赤ワイン:大さじ1(ない場合は省略してください)
  • 油:大さじ3(本レシピでのオススメは「オリーブオイル」です)

トッピングの「ゆで卵」はお好みでどうぞ♪

下準備

  • 「ニンニク、生姜」の順番に擦りおろしておく。

     すりおろし器がない場合は、みじん切りにする

  • 「玉ねぎ」をみじん切り、またはスライスにする。

  • 「じゃがいも」を2cm角程度にカットとする。

手順

  1. 鍋に「油:大さじ3」を入れて弱火にかけ、油が温まってきたら「スタータースパイス(ホール状の袋)」を投入する。

  2. カルダモン(緑色の粒)」がプクっと膨らんだら、擦りおろした「にんにく/生姜」を加え、スパイスと混ぜわせるながら、30秒ほど炒める。

  3. 「玉ねぎ」を加えてスパイスとしっかり混ぜ合わせた後、強火にし差し水を繰り返しながら、アメ色になるまでしっかりと加熱する。




     玉ねぎの加熱具合で仕上がりの味わいが大きく変化します。「水っぽくなった」「トマトの酸味が強いように感じる」「コクが物足りない」という仕上がりになってしまう最大の原因は「玉ねぎがアメ色になる前に、つぎの工程に進んでしまうことです。この「基本のチキンカレー」では12分~15分程度は必ず加熱し、アメ色玉ねぎになるまでしっかりと炒めてください。

    ポイントは

    • 中〜強火を維持すること
    • 玉ねぎを均等に鍋に敷き放置→混ぜ合わせる→均等に放置→混ぜ合わせるを繰り返すこと
    • 混ぜわせた際に、鍋底に焦げを感じたら【差し水】をこまめにすること(経験的には、毎回大さじ2程度の水を、平均5回ほど行っています)

    です。差し水をすることで、加熱で生まれる玉ねぎの旨味が全体に行き渡ると共に、焦付きを防止しながらアメ色玉ねぎに仕上げることができます。少々焦げて差し水をしてあげるくらいが逆にちょうど良く旨みを引き出せます。少し時間と手間がかかる工程になりますが、美味しく仕上げるための必須ポイントなので、しっかりと手間をかけてあげてください。



  4. 玉ねぎがアメ色になったら「じゃがいも」を加え、炒め合わせる。



  5. 中火にし「トマトピューレ」「バルサミコ酢:小さじ1」「赤ワイン:大さじ1」「粉チーズ:50g」を加える。

    ↓この状態から


  6. ↓これぐらいのペースト状になるまでしっかり水分を飛ばす


  7. 「牛豚挽き肉:300g」「塩:小さじ2」を加えて、赤みが見えなくなる程度まで炒める。



  8. 「パウダースパイス」を全量入れ、パウダースパイス自体に火を通すイメージで絡め合わせる。

  9. 中火を維持しながら、「水:100ml」を加える。

  10. 一煮立ちしたのを確認してから、弱火にし蓋をせずに10分煮込む。

  11. 最後に味見をして塩加減を調整する。

以上で完成です。



スパイスパックのご購入はこちらから

 INSPICEのスパイスカレー スパイスセットには、一般的に辛味の主成分となる「唐辛子/カイエンペッパー/チリ」は含まれていないので、お好みに調整してお楽しみください。 



まずは、この「基本のチキンカレー」をレシピ通りに作っていただいてから、自分流のアレンジで我が家のスパイスカレーをお楽しみくださいませ👨‍🍳