SN1で作る「白だしで簡単スパイスカレーうどん」

SN1で作る「白だしで簡単スパイスカレーうどん」

白だしとスパイスの好相性♪ 旨味の余韻がどこまでも続くスパイスカレーうどん。



SPICE CURRY SPICE PACK[スパイスカレー スパイスパック]のシンフォニーナンバー1(SN1)
で作る「スパイスカレーうどん」です。

本格的なスパイスカレーうどんも「白だし」を使えば、お昼時にササッと作って楽しめます👨‍🍳 お店で食べるカレーうどんは好きだけど、市販のカレールーだと胃が重くなっちゃってと自宅カレーうどんを諦めていた方にも、とってもオススメしたいスパイスカレーうどん🍜

インスパイスのスパイスカレースパイスパックは辛味がほとんどないので、お子様にもオススメです♪

材料(4人前)

  • SN1/スタータースパイス(ホール状の袋):1袋
  • SN1/パウダースパイス(パウダー状の袋):1袋
  • うどん:2玉
  • 白だし汁:1000ml ※お手持ちの白だしの説明に合わせて水で割って用意する
  • 玉ねぎ:1個
  • ネギ:1本(お好きなネギをご用意ください)
  • 豚こま肉:200g
  • ニンニク(すりおろし):小さじ2 (1〜2片)
  • 生姜(すりおろし):大さじ1
  • 砂糖:小さじ2
  • 塩:小さじ1
  • 油:大さじ3(お好みのオイルをご使用ください。本レシピでのオススメは「白ゴマ油」です)
  • 片栗粉水:大さじ2の片栗粉を60mlの水に溶かす

その他に、お好みでトッピング材料を用意してください。写真では、鰹節と刻みネギ、蒲鉾(かまぼこ)を盛り付けてみました。

     

    下準備

    • 「ニンニク、生姜」の順番に擦りおろしておく
    • 「玉ねぎ」を、くし切りにカット
    • 「ネギ」を、みじん切り。
    • 「豚こま肉」を食べやすい大きさに切る。
    • スタータースパイス(ホール状の袋)の「カルダモン」をハサミか包丁で縦半分に割っておくと華やかな香りがUPします

    手順

    1. 鍋に「油:大さじ3」を入れて弱火にかけ、油が温まってきたら「スタータースパイス(ホール状の袋)」を投入する。

    2. マスタードシード(黒色の粒)」からパチパチと音が聞こえてきたら、擦りおろした「にんにく」「生姜」を加え、スパイスと混ぜわせるながら、30秒ほど炒める。


    3. 「玉ねぎ」を加えてスパイスとしっかり混ぜ合わせた後、強火にし、柔らかく透明になるまで差し水をしながらしっかりと加熱する。

       スパイスカレーほどしっかりとしたアメ色玉ねぎにする必要はありませんが、玉ねぎの甘味とコクを出したい人は、しっかりとアメ色玉ねぎまで加熱しましょう。



    4. 玉ねぎがアメ色(下記は10分程度加熱した状態)になったら、いったん弱火にし「豚こま肉」「塩:小さじ1」を加えてから、中火に変更し、炒め合わせていく。





    5. お肉が全体的に白色になるまで炒めたら、「パウダースパイス」を全量入れ、パウダースパイス自体に火を通すイメージで絡め合わせる。




    6. 刻んでおいた「ネギ(最後の盛り付けように少し残しておく)」を加え、さっと全体を馴染ませるように炒めてから、「白だし汁:1000ml」「砂糖:小さじ2」を加え、煮立たせる。

      このタイミングで、うどんをパッケージの説明に沿って準備を始めると効率的です。おすすめは、カレー鍋の中に直接加えずに準備しておき、食べるタイミングで、どんぶりに麺を入れてからスパイスカレーうどん汁を流し込みます。こうすることで、翌日以降でも食べたいタイミングで、またうどんを用意し、うどん汁を温めなおすことで何度でもお楽しみいただけます。



    7. 片栗粉水:大さじ2の片栗粉を60mlの水に溶かす」を加えて混ぜ合わせ、とろみをつけてから、弱火にし3分煮込む。

    8. 最後に味見をして塩加減を調整してください。甘味が足りないと感じた場合は、小さじ1をさらに加えてみてください。

    以上で完成です。通常のスパイスカレーもですが、「カシア(シナモン)」と「カルダモン」はふつう食べないので、見つけたら取り除いておきましょう。

    うどんを盛ったお皿にスパイスカレーうどん汁をかけ、お好みのトッピングを盛り付けてお楽しみください♪ 


    スパイスパックのご購入はこちらから

     INSPICEのスパイスカレー スパイスセットには、一般的に辛味の主成分となる「唐辛子/カイエンペッパー/チリ」は含まれていないので、お好みに調整してお楽しみください。 

     

    コメントを残す

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。