SN1で作る「マッシュポテトの雲キーマカレー」

SN1で作る「マッシュポテトの雲キーマカレー」

バターと生クリームの濃厚クリーミーな「マッシュポテト」な雲が「スパイス香るキーマカレー」の上を漂う魅惑のマリアージュ。



SPICE CURRY SPICE PACK[スパイスカレー スパイスパック]のシンフォニーナンバー1(SN1)
で作る「マッシュポテトの雲キーマカレー」です。

旬なじゃがいもが手に入ったらバターと生クリームたっぷりなマッシュポテトが食べたくなります。ステーキに添えて食べても美味しいし、イギリスの伝統料理で、ひき肉とマッシュポテトの重ね焼き「シェパーズパイ」も大好きです。

北海道に住んでいる甥っ子が掘ってくれたジャガイモが届いたので、これもうマッシュポテトにするしかないと決めました。マッシュポテトを使って、子供も大人もバクバク食べれる、親しみのあるカレーを作ってみたいと思った時、思い浮かんだ光景は「トマムの雲海」。そうだ、シンプルなキーマカレーにマッシュポテトの雲を浮かべたら可愛いな♪ そんなレシピです。

マッシュポテトはシンプルな工程ですが、意外とひと手間な料理だったりします。いろんなレシピで作ってみた経験を思い起こし、時短だけど美味しく作れる提案を考えてみました。

キーマ自体は、とっても簡単です。素材はシンプルに、味付けも塩と砂糖のみ。マッシュポテトの旨味をよりダイレクトに感じるイメージで👨‍🍳

 

キーマカレーの材料(4人前)

  • SN1/スタータースパイス(ホール状の袋):1袋
  • SN1/パウダースパイス(パウダー状の袋):1袋
  • トマトピューレ:一個(150g程度)
  • 玉ねぎ:1個
  • にんじん:1/2個
  • セロリ:1/2本
  • 豚と牛の合い挽き肉:200g
  • ニンニク(すりおろし):小さじ2 (1〜2片)
  • 生姜(すりおろし):大さじ1
  • 砂糖:小さじ2
  • 塩:小さじ1
  • 油:大さじ3(お好みのオイルをご使用ください。本レシピでのオススメは「オリーブオイル」です)
  • 水:100ml

マッシュポテトの材料

  • じゃがいも:500g
  • 生クリーム:100ml
  • 牛乳:100ml
  • バター:100g(無塩を想定していますが、有塩の場合は加える塩の分量を調整してください)
  • 塩:小さじ1
  • 白胡椒:適量(なければ省いてOKですが、あるとやっぱり美味しい引き立ちます)

 

下準備

  • 「ニンニク、生姜」の順番に擦りおろしておく

  • 「玉ねぎ」をカット(半分に切ったものをもう半分にカットし、スライス。)




  • 「セロリ」「にんじん」の皮をむき、みじん切り。

  • スタータースパイス(ホール状の袋)の「カルダモン」をハサミか包丁で縦半分に割っておくと華やかな香りがUPします

マッシュポテトの作り方

スパイスカレーを作り始める前に、マッシュポテト作りに着手しましょう。ジャガイモを煮込むと時間がかかるのでレンジを活用して時短しています。

  1. ジャガイモの皮を剥き、四等分に切り分ける。

  2. 耐熱皿にジャガイモを入れ、分量外の水を100ml程度注ぎ、軽くラップしレンジ(600w)で12分加熱。



  3. 加熱後、レンジから取り出し、そのまま5分余熱で蒸らしておく。

  4. 牛乳:100ml」「生クリーム:100ml」をコップなどに入れて、レンジ(600w)で1分ほど加熱しておく。

  5. ザルにジャガイモを入れ、マッシャー(なければ押しつぶせる道具を代用)で押しつぶしながらボウルに落としていく。

     大切なのは、ジャガイモを冷まさないことです。つぶすときは、熱々のうちに手早くがポイント。ザルで濾すように押しつぶしていくことで、口溶けよくなめらかな食感に仕上げります。

  6. つぶしたジャガイモを少し大きめの鍋に入れ、弱火にかけて温めながら水分を飛ばし、20gずつ程度に切り分けたバターをのせてジャガイモの余熱で溶かす。

  7. バターが全て溶け切ってから、温めておいた牛乳とミルクを3回に分けてジャガイモに加える。そのつど、ヘラでよく混ぜてジャガイモになじませペーストにする。

  8. 最後に塩、白コショウで整え、完成。


キーマカレーの手順

  1. 鍋に「油:大さじ3」を入れて弱火にかけ、油が温まってきたら「スタータースパイス(ホール状の袋)」を投入する。



  2. マスタードシード(黒色の粒)」からパチパチと音が聞こえてきたら、擦りおろした「にんにく」「生姜」を加え、スパイスと混ぜわせるながら、30秒ほど炒める。



  3. 「玉ねぎ」「にんじん」「セロリ」を加えてスパイスとしっかり混ぜ合わせた後、強火にし、アメ色になるまでしっかりと加熱する。



     玉ねぎの加熱具合で仕上がりの味わいが大きく変化します。「水っぽくなった」「トマトの酸味が強いように感じる」「コクが物足りない」という仕上がりになってしまう最大の原因は「玉ねぎがアメ色になる前に、つぎの工程に進んでしまうことです。この「基本のチキンカレー」では12分~15分程度は必ず加熱し、アメ色玉ねぎになるまでしっかりと炒めてください。

    ポイントは

    • 中〜強火を維持すること
    • 玉ねぎを均等に鍋に敷き放置→混ぜ合わせる→均等に放置→混ぜ合わせるを繰り返すこと
    • 混ぜわせた際に、鍋底に焦げを感じたら【差し水】をこまめにすること(経験的には、毎回大さじ2程度の水を、平均5回ほど行っています)

    です。差し水をすることで、加熱で生まれる玉ねぎの旨味が全体に行き渡ると共に、焦付きを防止しながらアメ色玉ねぎに仕上げることができます。少々焦げて差し水をしてあげるくらいが逆にちょうど良く旨みを引き出せます。少し時間と手間がかかる工程になりますが、美味しく仕上げるための必須ポイントなので、しっかりと手間をかけてあげてください。



  4. 玉ねぎがアメ色(下記は15分程度加熱した状態)になったら、弱火にし「トマトピューレ」「塩:小さじ1」「砂糖:小さじ2」を加えてから、中火に変更し、炒め合わせていく。




  5. ねっとりとしたペースト状になったら、「パウダースパイス」を全量入れ、パウダースパイス自体に火を通すイメージで絡め合わせる。

  6. 具材を鍋の端に寄せて「合い挽き肉:200g」を加え、中火を維持しながら、お肉のみをまず炒める。肉に火が通ったら全体を混ぜわせるように、炒め合わせる。



  7. 水:100ml」を加え、ひと煮立ちしたら、弱火にし3分煮込む。

  8. 最後に味見をして塩加減を調整してください。

以上で完成です。

お皿にキーマカレーを盛り、その上にマッシュポテトを浮かべたら、あとは全力で頬張るのみです🧸 


スパイスパックのご購入はこちらから

 INSPICEのスパイスカレー スパイスセットには、一般的に辛味の主成分となる「唐辛子/カイエンペッパー/チリ」は含まれていないので、お好みに調整してお楽しみください。 

 

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。