SN1で作る「味噌バターチキンカレー」

SN1で作る「味噌バターチキンカレー」

バターの旨味、味噌のコク。クリーミーで濃厚な一皿にスプーンが止まりません🍛。

SPICE CURRY SPICE PACK(スパイスカレー スパイスパックのシンフォニーナンバー1(SN1)で作る「味噌バターチキンカレー」です。
 

みんな大好きバターチキンカレーに味噌を加えることで、奥行きのある味わいに。一口食べると「あぁ〜美味いぃ。。」って言葉が思わずもれちゃう絶品カレー。この美味しさ、一人でも多くの人に味わってほしい。。

材料(4人前)  

  • SN1/スタータースパイス(ホール状の袋):1袋
  • SN1/パウダースパイス(パウダー状の袋):1袋
  • 玉ねぎ:1個
  • ニンニク:小さじ2 (1〜2片程度)
  • 生姜:小さじ2
  • トマト缶(ホール):400g
  • 鶏もも肉:200g(およそ1枚分)
  • 味噌:小さじ1(お好みの味噌を使用)
  • 無塩バター:100g
  • 生クリーム:100ml
  • 塩:小さじ1

    下準備

    • ニンニク、生姜の順番に擦りおろしておく
    • 玉ねぎをカット(半分に切ったものをもう半分にカットし、スライス。)
    • 鶏肉を一口大にカット
    • スタータースパイス(ホール状の袋)の「カルダモン」をハサミか包丁で縦半分に割っておくと華やかな香りがUPします

    レシピのポイント

    • 必ず無塩バターを使用してください。
    • バターはたっぷり100g使ってください。ほんの少し加えるだけでは、バターを隠し味にコクを出しただけカレーになってしまいます。
    • そしてこれが重要なのですが「バターと味噌で、玉ねぎと鶏肉を仕上げる。トマトと生クリームでスパイスカレーを作る。」というイメージを持ってください。
     💡スパイスと味噌はお互いに個性が強く、混ざり合うことで互いの特徴が薄れ、ボヤけた味わいになる印象です。しかし、このレシピでは、玉ねぎと鶏肉にバターと味噌をしっかり染み込ませて炒めることで旨味を閉じ込め、逆にスパイスの香りはトマトと生クリームが受け持ってくれるようにしています。そうすることで食した際に、スパイスの香りの中にも、鶏肉や玉ねぎから味噌バターの味わいもしっかりと感じることができる味わいに仕上がります。

     

    作り方

    1. 鍋に「無塩バター:100g」を入れ弱火にかける。

    2. バターが溶けてから「スタータースパイス(ホール状の袋)」を加える。

    3. 「マスタードシード」がパチパチしだしたら、擦りおろした「にんにく/生姜」を入れ、スパイスと混ぜわせる。30秒ほど混ぜ混ぜ。

    4. 玉ねぎ」を入れ、混ぜ合わせた後、中火にし、やや飴色になるまで10分ほど加熱する。

       バターの量が多いので、差し水はあまり必要ありませんが、途中で焦げつきそうな場合は、差し水をしながらじっくり加熱してください。


    5. 玉ねぎが飴色になったら、「鶏もも肉:200g」を全量加えて炒め合わせる。

    6. 鶏肉にほどよく火が入ったら、具材を鍋の端に寄せて中央にスペースを作り水を少々を加え、「味噌:小さじ1」を溶いた後に、具材全体を炒め合わせる。

       味噌とバターで、鶏肉と玉ねぎをしっかりと炒め、味を染み込ませるイメージです。このままお皿に盛り付けても美味しいと思えるような見た目になるまで炒めてください。


    7. 「トマト缶」「塩:小さじ1」を加え、トマトを潰し混ぜ合わせ、ひと煮立ちさせる。

    8. グツグツしてきたら「パウダースパイス」を全量加えて混ぜ合わせる。

    9. 生クリーム:100ml」を加え、再度、ひと煮立ちしたら弱火にし、3分程度煮込む。

    10. 塩加減を調整し完成。

     

     ※トッピングに炙った「カスリメティ」というハーブを散らしています。味噌バターチキンカレーに香ばしさをプラスしてくれますよ♪

    本レシピで使用した味噌について

    名古屋の「有機 八丁味噌」を使用しました。絶品でした。

     

    INSPICEのスパイスカレー スパイスセットには、一般的に辛味の主成分となる「唐辛子/カイエンペッパー/チリ」は含まれていないので、お好みで調整してお楽しみください。 

     

    SPICE CURRY SPICE PACKの詳細へ

    コメントを残す

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。