INSPICE商品の加工に使用している資材や機材について

INSPICE商品の加工に使用している資材や機材について

INSPICEでは安全安心な商品を提供するために、スパイスを挽くための道具や保存容器、梱包資材などの選定にこだわり日々商品開発に取り組んでいます。このストーリーでは、それらの情報を公開し、みなさまと共有させていただきます。

食品用の真空袋

スパイスや食材が直接触れるものなので、日本メーカーでかつ食品用として銘打たれた安全安心なものにこだわりました。INSPICEでは、クリロン化成「彊美人」を採用しております。

 

外包装

外包装には、アルミ箔の包装材を採用しています。

あらゆる包装材の中で空気や光を通さない、高度なバリア特性を持つアルミ箔。プラスチックフィルム、クラフト紙などは時間とともに気体が透過し、光も通しますが、アルミ箔は、ほぼ完璧な密閉性を確保できる最適な材料です。スパイスの保存は「湿気」と「光」が大敵。挽きたてフレッシュな商品をみなさまにお届けし、自宅での保存にも最適と考え採用しています。

スパイスを挽く道具

「バイタミックス(Vitamix)」ブレンダー

ブレンダー/ミルの選定は、これまで試行錯誤の連続です。
硬いホールスパイスを砕くパワー、狙った粒度に挽けるコントロール性、そして食品を扱うための安心安全性がブレンダーには求められます。現在の生産では、基本的にバイタミックスのブレンダーに、環境ホルモンに対応した新素材樹脂トライタンを使用した、ナッツ、小麦、大豆、米、雑穀など穀物を粉砕する際に便利で、ウェットコンテナに比べ、短時間でより、きめ細かく調理することが出来るドライコンテナを組み合わせています。

また、スパイスによっては石工 神取優弘氏が製作された「石臼ミル」も使用しています。石臼でしか、引き出せない香りがあるんですよね。奥が深いです。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。